読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨウ絵yるおqwいぇ里うqy有為絵ryくぉううぃえy類尾qwいぇ里追うwくぇいおる

錠亜sydフォウイあyいうdfyらううぃえy炉居ゑ良いうwくぇyr王ywくぇ炉言うyウェルイオうぃうえりぃううぇりょ居ゑyrおい上ry言おう絵wy理王y

小倉優子の失望…第二子妊娠中に不倫した夫、新婚時は「優しさの塊のような旦那さん」

小倉優子(32)の夫に不倫が発覚。またも「週刊文春」(文藝春秋)が撮った“ゲス不倫”である。小倉の夫は青山にヘアサロンを開業するほか様々な美容関連のビジネスを手掛け、SMAPのヘアメークなども担当する美容師の菊池勲氏(45)。彼が小倉の所属するプラチナム・プロダクションの後輩にあたるアイドル女性・馬越幸子(25)の自宅に出入りしていることを「文春」が報じたのだ。

 小倉は現在、第二子を妊娠中。6月16日に、「安定期に入りました」とブログで報告している。夫婦は2011年10月に結婚。長男は4歳だ。小倉は結婚後、グラビア活動は封印し、バラエティ番組やイベントへの出演も少なくなった。代わりに「料理上手なママタレント」として食品プロデュースを行うなど、仕事の幅が広がっている。他方、たまにトーク番組に出演すれば「夫婦仲が微妙」という話をして「離婚危機か?」と憶測を呼ぶこともあった。特に、「私はいっぱい不満をもっていて。夫がいつもいないとか」「最近は夫はいないと思って生活している」等と話した今年5月の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)は話題になった。

 しかし小倉は「旦那さんは仕事中心。私がもっと家庭を、育児を、と期待するからイライラしてしまう。割り切れば喧嘩はなくなる」「夫が飲み会で朝帰りになっても怒らない」と考え方を改めたことで、「現在は円満です」と強調していた。第二子懐妊はその「円満」証明にも見えたが、連日“仕事”で家を留守にしているはずの夫が、浮気相手の部屋で何時間も過ごしていたとは……。小倉の失望は想像に難くない。小倉はこのことを知り、塞ぎこんでいるという。事務所としては離婚せずママタレントの立場をキープしてほしい意向のようだ。

 小倉の夫は「文春」の直撃を受けて「(不倫は)してないしてない、してないっす。正直全然ですよ」と応えているが、妻に「仕事」と偽って馬越の部屋に滞在したことは認めている。また、妻のことを「うちの」と呼び、馬越のことは友人関係だと強調しながらも「相談や愚痴をいえる友達の一人ではある。うちのともタイプが違う感じで」「彼女とはいろいろ話せて波長が合うというか。天然で聞いているのか聞いていないのかわからないけど、面白いリアクションで答えてくれるのが、僕的には楽っていうか癒しというか」。一方で馬越は「ご迷惑をかけてすいません」と話しているそうで、事務所は即刻、彼女を解雇処分としている。ほぼ無名のタレントではあるが、唯一、深夜番組『ゴッドタン』(テレビ東京系)に、フットボールアワー後藤輝基のことを大好きな女性・幸子という設定で出演して一部で人気だった。

この夏の小倉のブログには、夫と息子の三人で旅行をした様子や、夫が息子の幼稚園行事のために仕事を休み一緒に外食をしたことなどが綴られており、「主人は、帰宅して今日は夜からお仕事だったりと忙しい中時間を作ってくれて感謝です」「二ヶ月間の(幼稚園の)夏休み、家族でまたお出かけ出来たら良いな」と記されている。ちなみに「文春」記事によると、馬越はこうした良好な家族仲を記録した小倉のブログ記事を見て落ち込みつつも、「(好きな)気持ちが抑えきれず」関係を続けていたようだ。

 小倉は結婚を記念したフォトブック『小倉優子のHappy Wedding』(KKベストセラーズ)を12年2月にリリースしている。そこには夫婦のウェディング姿でのツーショットやプライベート写真も掲載され、プロポーズの場面を詳細に綴ったり、婚約指輪やキスショットも披露している。馴れ初めや交際中のエピソードなど、いかに夫が優しく誠実な男性か、どれだけ愛されていて幸せかを伝える文章も豊富だ。たとえば「私が彼と結婚した理由」というテーマのページでは、「とにかく本当に、本当に、優しいんです。こんなに優しくしてくれる人はこの世にいない! と自信を持って言えるくらい、旦那さんは優しさの塊のような人」。

 また、「なんとなく女性の仕事が忙しくて夫婦円満、というのは難しい気がして」いるという小倉は、家庭の運営を全面的に自らおこなう気満々で、家族の健康管理のためにも「すれ違いの生活にならないように」気をつけていたそうだが、前述のように現在は「生活時間のすれ違いも仕方ない」と割り切り、気持ちの安定を図っている。同書には、「旦那さんから言われて嬉しかったのは『どんな時も全力で応援する。私(=小倉)の夢を実現させるのが僕の夢』という言葉」ともあるのだが、小倉の夢である「家庭」を、夫が実現させることは難しかったようだ。夫婦はこれから修復へ向かうのか、それとも……。

http://hfaeoipaeo.tsukuba.biz
http://hfaeoipaeo.i-mito.com
http://blog.gurun.jp/hfaeoipaeo/